そば庵の桜と鷺の巣づくり

ただ今そば庵の桜が満開です。さすがの信楽も今年は1ヶ月近い桜です。樹々の間隔が狭くて、少し縦伸びした桜ですが。毎年この時期が待ち遠しいです。

また、そば庵の隣の山に鷺の巣があります。(奥にはもっとたくさんの巣がところ狭しとあります)メスが巣に居て、オスが枝を運んで巣作りに励んでいます。これからの子育ての様子が楽しみです。

そばの実販売しています。

 そばの実は主成分である炭水化物のほか、ビタミンやミネラルなど、さまざまな栄養分からできています。希少なレジスタントプロテインを含む良質なタンパク質や、必須アミノ酸リジン、ポリフェノールの一種ルチンを多く含んでいます。 小さな実は、低カロリーで、栄養分をたっぷり含む、バランスの良いグルテンフリーの栄養食です。 そば飯をはじめいろいろな食べ方がありますので、是非お楽しみください。

 販売は、200グラムで400円。信楽では、小倉そば店(江田)・緋色商店街(長野)・高原鉄道信楽駅構内(長野)。その他土山の道の駅・JA花野果市(水口・湖南市ここぴあ・石部)で販売していますので是非ご購入ください。

2月行事予定表を掲載しました

  • 2月24日水曜日午前9時00分からやまつつじホーム会議がやまつつじホームであります。
  • 2月24日水曜日午後1時30分からはなみずきグループホーム会議がはなみずきホームであります。
  • 2月25日木曜日午後3時30分から支援会議がそば庵であります
  • 2月27日土曜日午前10時00分から愛好会がそば庵であります。

28年が穏やかに始まりました。実り多い年となりますように。

28年が穏やかに始まりました。実り多い年となりますように。

ソバの収穫は昨年11月17日、唐箕掛けは12月13日に無事終わり、今は、ソバの実に混ざった小石を手作業で選り分ける作業をしています。グループホーム利用者さんの空いている日に、お手伝いして貰っていて、助かっています。多くの人の手を経て出来上がる信楽産の蕎麦。今年はどれだけの皆さんに喜んでいただけるか、とても楽しみにしています。

ソバ収穫

石抜き

今年も、蕎麦が蒔けました。

いつもの年は8月の末頃には蕎麦の実を蒔き終えているのに、じとじと雨の日が続き、なかなかが蒔けずにいましたが、二、三日前の晴れ間にやっと蕎麦の実を蒔きました。
きょうは大阪の東淀川区から2名様が、11月予定の蕎麦打ち体験の下見にこられ、蕎麦打ち初体験をされました。その場で打った蕎麦を湯がいて食され、楽しさとおいしさに十分に満足された様子でした。